交通系(区間指定の乗車券)

(概要)

トランスポート(区間指定の乗車券)の作成方法です。出発点と目的地の1区間の往復のみの際にご利用いただけます。

「セルフ消し込みで」お客様のスムーズな乗車が可能になります。

(カテゴリー作成)

⑤「タイトル」を入力する

⑥「説明」を入力する

※営業時間や、パス利用にあたっての注意事項等を1000文字以内で入力してください。

※パス配布画面に表示されます。

※自由にカスタマイズし記入できます。

⑦「交通区分」(電車もしくは一般)を選ぶ

販売期間

L 無効

終了期日ー(例)3/1 00:00 〜 5/31 23:59 と設定した場合、5/31 23:59にパスの販売が終了する

注)月・日にち・時間の設定が可能

期限切れまでの日数ー(例)11/1~11/20など販売開始日時と終了日時が決まっている場合

注)イベント前にパスを販売開始し、販売終了する場合など

期間設定ー(例)パス販売期間・毎月1日 00:00〜20日 23:59 の間 など販売期間が決まっている場合

注)月間販売サイクル期間を設定できる

⑧「セルフチェックインを許可」をONにする

※1確認タイマーの設定で、数字を入力します。1=1分です。

⑨「一度に複数人分の購入を可能にする」をONにする

※代表者がまとめてパスを購入でき、それぞれでスマホに保存します。

⑩「グループチケットを有効にする」をONにする

※一つのパスに「人数」と「チケットタイプ」が表示され、まとめて乗車できます。

⑪「パス上のQRコードを非表示にする」をONにする

※パス上のQRコードの表示がなくなります。

⑫「有効期限」を設定する

※チケット未使用時の有効期限を設定する。 例)期限切れまでの日数ー14日

※往復チケットの場合、1度使用後の有効期限設定は、下図【有効期限設定方法】を参照してください。

⑬「配布ページ」をONにする

※パスの裏面に「パス配布ページ」のURLが表示され、お客様自身で購入ができます。

⑭「次へ」もしくは「保存」をクリック

(駅の登録)

⑮「駅」をクリックする

⑯「□」でメニューを表示する

⑰駅名など駅の詳細を入力する

⑱「適用」をクリックし内容を保存する

⑲「次へ」もしくは「保存」をクリックする

(券種の登録とパスデザイン)

⑳券の「タイトル」を入力する

※2 「往復チケット」をONにすると、チケットが2回使用できる

※3 「期限切れ条件」で「2」にすると、翌日まで利用が可能

※4「説明」パスの使用上の注意などを記載します。パスの詳細画面に表示されます。

㉑「キャンセル」の設定をする

㉒「パスデザイン」の設定をする

㉓「保存」で内容を確定する

(運賃の登録)

㉔クリックしメニューを開く

※各チケットの「運賃」を設定します。

㉕「金額」を入力する

㉖「保存」で内容を確定する

㉗「次へ」もしくは「保存」をクリックする

有効期限の設定

規約&プライバシーポリシー

パス追加項目

顧客情報の取得

パス配布ページ

自社アプリとウォレットパスの連携方法

(公開)

左上の「公開」をクリックしパスを公開する

L公開する場合は必ず「公開」をクリックしてください。

Lパス配布についてはマニュアル「 パス配布方法」をご覧下さい。

お困りですか? お問い合わせ お問い合わせ